スマホの情報セキュリティー対策

知らないとヤバイ!PCとスマホの情報セキュリティーの話

PCを使わない人も関係ある

 人によってはパソコンを使わないからウイルスは関係ないと思っている人も多いようですが、最近はスマートフォンといった小型のパソコン付き携帯電話のようなものが広く流通しているため、もはやその脅威は無視できるものではなくなってきています。しかし、実際にどのような対策をすればいいのかについては、パソコンとくらべてあまり認知されていないというのが現状でしょう。

 特に最近ではスマートフォンのアプリや、ネット、そしてメールなどから感染するウイルスなども非常に多く登場しており、もはや全くの無知では許されない状況になってきています。それではそんなスマートフォンのセキュリティーですが一体どのようにすればいいのでしょうか?

AndroidとiPhoneで異なる

 まずこの対策はAndroidとiPhoneで異なります。特にiPhoneに関してはかなりウイルスに関して強い端末になっていますので、基本的にそこまで感染するリスクは高くありません。注意するべきなのは二つで、まずひとつはメールなどで「ウイルスアプリを配布するサイトへのリンク」を送りつけ、そのリンクを踏むとアプリをインストールするかどうかの確認画面が表示され誤って承諾をするとiPhoneがウイルスに感染してしまうというものですが、これはAppストア以外からアプリをダウンロードしないということで殆ど解決出来ます。二つ目ですが、最近ではウイルスなどが仕込まれたアプリが誤ってAppストアで公開されてしまったといった事件もありましたが、これに関してもアプリをインストールする前に危険でないか検索してみるという事によって解決出来るでしょう。特にアプリ自体の評価や性能なども調べられるので、面倒くさいと思っても調べてみるのがいいでしょう。

 そしてAndroidですが、これはiPhoneほどは安全ではありません。基本的に野良アプリが多いというのと、iPhoneよりも高機能であるため、感染のリスクが非常に高くなっています。ですのでAndroid端末を利用しているのであれば、せめて何らかの対策をする必要があるでしょう。

ウイルス対策アプリを導入する

 まず真っ先に思い浮かぶのがこのウイルス対策アプリを導入するという事だと思いますが、これもかなり注意が必要です。何故ならば、ウイルス対策アプリを語った詐欺アプリが数多く存在しているからです。「アプリランキングの上位にあるやつなら大丈夫でしょ?」と無思考で選んだりするとこの詐欺アプリを掴まされてしまうということがあります。特に最近ではランキング一位に輝いていた新着アプリ「VirusShield」が完全な詐欺ウイルス対策アプリだったのです。と言っても、このアプリ何かスマホに悪さをするわけでは無いのですが、悪さをしない代わりに何もしないのです。実際にアプリのデータを解析してみたところ、ウイルススキャンなどは全くしておらず、「ウイルススキャンが動作しています」という画面と「ウイルススキャンが完了しました」という画面を表示する機能しかないという全く人を馬鹿にしたようなアプリだったのです。そんな状態では何を信用して選べばいいのかと思った人もいるかもしれませんが、実のところセキュリティソフト第三者評価機関という物があり、PC用のウイルスソフトなどもしっかりとした効果があるか、どの程度の性能があるのかというのを調べ、情報公開してくれているのです。特にスマートフォンのアプリの場合はAV-TESTという会社がそれぞれのアプリの性能を実際にテスト用のスマートフォンにウイルスを入れて実験し、データを出しています。そんな中でも特に性能が高いと認められたアプリには以下の様なものがあります。

McAfeeMobileSecurity(McAfee)

 言わずと知れたMcAfeeのモバイル版です。14日間無料で使えて、それ以降は月額320円か年額2980円かかるものとなっています。安心できるブランドではあるので、もし悩んだらこれを選ぶと良いかと思います。お金はかかってしまいますがそこまで高くなく良心的です。

AVL(Antiy)

 インターフェースが全部英語にはなってしまうのですが、非常に高いスキャン性能を誇るアプリでしかもその上無料です。スキャンにかなり時間がかかってしまうのと、アドウェア(広告専門のソフト)をRiskyAppとして検出するという注意点もあります。

他にもあるWifiの危険

 最近では公衆無線LANを利用したことによって個人情報が流出したりカード情報を抜かれたりといった事件までもが起こっています。スマホではカード番号を打たないから大丈夫だと思っている人でも、何らかのサービスなどでパスワードを入力したときに、別のサービスでも同じパスワードを利用しているとスマホによってPCの情報までもが抜かれてしまう可能性もあります。

 また、例えば今見ているページなどや、送ったメールの内容などを盗み見られる可能性も出てきます。さて、そんな公衆無線LANですが特に通信の暗号化がされていないスポットなどが危険で、実際にSSL認証といった通信の暗号化が行われているページであれば、パスワードなどといった情報を抜かれてしまっても、暗号化されている為解読は不可能になりますが、SSL認証されていないサイトなどにアクセスする場合には情報が抜かれてしまっているという可能性もあります。しかもiPhoneなどだと自動でWifiに接続する設定にしていると、全くつなぐつもりが無くても自動で危険かもしれないWifiへと接続してしまっている可能性もあるのです。

 ですので、できればWifiの自動接続の設定は切ってからお外に出かけましょう。

メールとURLに注意する

 さて、最近ではLINEの乗っ取り事件というものもありましたが、基本的にスマートフォンだからといって詐欺やウイルスなどと無縁というものではないという自覚を持つことがまずいちばん大切なことです。そして、もしも友人から送られてきたメールであっても、何らかの添付ファイルがついている場合については、もしかするとウイルスによって送られたメールかもしれませんので、注意を払う必要があるかと思います。特に不用意にURLを踏んでしまい、何らかのアプリやソフトをインストールさせようとしてきた場合には絶対に許可をしてはいけません。基本的にこちらが許可を与えなければ、そういったウイルスの殆どがスマートフォンの場合は悪さを出来ないわけですから、この部分に関しては気をつけていかなければいけませんね。

 特に最近ではある程度注意をしていてもドンドンと最新の手口や、心の隙に漬け込むようなものもありますので、そう言った犯罪に関する情報を念入りに仕入れておくというのも、安全への近道です。特に最近は決済手段が便利になってきていることから、ランサムウェアというとても危険なものまでが流行していますので、それにも備える必要があるかと思います。ランサムウェアについては次のページでご紹介いたしましょう。